後遺障害認定のプロセス

交渉非常に重要なプロセスですが素人がこうした手続きを行うと、必要な書類を揃えるのに非常に時間がかかりストレスとなります。また申請のポイントを押さえて提出しないと適切な後遺障害の認定を行ってもらえないという可能性もあるのです。ですからそうした複雑な手続きを弁護士に初めから依頼することによって、かなりの程度精神的なストレスを軽減することができるでしょう。結局そのようなストレスが怪我の回復にも悪い影響を及ぼしてしまうことも少なくありませんので、決して軽く見るべきではありません。同時に相手側の保険会社との示談の交渉も弁護士が進めてくれることになりますので、難しい手続き関係は全てお任せして怪我の治療に専念することができます。

実際のところ自分の保険会社は慰謝料を払うわけではありませんのでそこまで親身になって相手の保険会社と交渉を行ってくれるわけではありません。もちろん自分の保険会社からも見舞金という形で一定額の金額は受け取ることができるかもしれませんが、それ以上のことはしてはもらえないと考えた方が良いでしょう。弁護士は慰謝料の増額に伴う金額の何パーセントかを報酬として設定していることが多く、どれぐらいの増額ができるかが弁護士の収入にも直結してきますので被害者側と利害関係が完全に一致するといえます。だからこそ信頼して手続きを任せることができるのです。