どんな弁護士を選ぶか

交通事故にあったらできるだけ早めに弁護士に依頼することが望ましいといえますが、事故の直後は自分自身の怪我のことや家族や会社への対応というものもあり弁護士への依頼は後手後手に回ってしまうことが少なくありません。早めに弁護士に相談した方が良いとは言え焦って適当に弁護士を選び依頼するということは避けた方が良いでしょう。弁護士や弁護士事務所によっても得意とする案件が変わってくるからです。交通事故に強い弁護士や弁護士事務所をできるだけ入念に選ぶと良いでしょう。

口コミ弁護士を選ぶ際には報酬をどのように設定しているかという点に注目するのは一つの良い方法です。もしもあくまでも増額した賠償金の中から何パーセントかを報酬として受け取るということを掲げているのであればそれだけ結果に自信がある弁護士や弁護士事務所と言えるでしょう。逆に着手金などを非常に高く設定している弁護士事務所になると成功しなくてもある程度の利益が出ていることになりますのでそこまで親身になって対応してはくれないということも考えられます。ネットなどでも弁護士に依頼した方たちの口コミなどを調べることもできますので、実績があり、評判の良い交通事故弁護士の事務所を探しましょう。


後遺障害認定のプロセス

交渉非常に重要なプロセスですが素人がこうした手続きを行うと、必要な書類を揃えるのに非常に時間がかかりストレスとなります。また申請のポイントを押さえて提出しないと適切な後遺障害の認定を行ってもらえないという可能性もあるのです。ですからそうした複雑な手続きを弁護士に初めから依頼することによって、かなりの程度精神的なストレスを軽減することができるでしょう。結局そのようなストレスが怪我の回復にも悪い影響を及ぼしてしまうことも少なくありませんので、決して軽く見るべきではありません。同時に相手側の保険会社との示談の交渉も弁護士が進めてくれることになりますので、難しい手続き関係は全てお任せして怪我の治療に専念することができます。

実際のところ自分の保険会社は慰謝料を払うわけではありませんのでそこまで親身になって相手の保険会社と交渉を行ってくれるわけではありません。もちろん自分の保険会社からも見舞金という形で一定額の金額は受け取ることができるかもしれませんが、それ以上のことはしてはもらえないと考えた方が良いでしょう。弁護士は慰謝料の増額に伴う金額の何パーセントかを報酬として設定していることが多く、どれぐらいの増額ができるかが弁護士の収入にも直結してきますので被害者側と利害関係が完全に一致するといえます。だからこそ信頼して手続きを任せることができるのです。


交通事故被害に遭った場合の弁護士の役割

慰謝料交通事故の被害にあった場合慰謝料の請求は非常に重要な問題です。特に後遺症が残ってしまう場合には慰謝料をいくらもらえるかによってその後の生活も大いに変化してくることでしょう。しかしながら慰謝料を支払う相手側の保険会社はできる限り慰謝料を少ない金額で抑えようとしてきます。知識がなければ被害者側が損をしてしまうようなケースも少なくないのです。そこで役に立つのが弁護士を利用することです。弁護士と言うと非常に高い相談料というイメージがあるかもしれませんが、もしも自分の保険に弁護士特約というものがついていれば実質無料で弁護士に相談することも出来ますし、慰謝料の中にそうした費用も含めるということも可能となってくるでしょう。そして弁護士に依頼することによって相手の保険会社の言いなりになり少ない賠償金で泣き寝入りしなければならないということを避けることができるのです

交通事故に関する慰謝料を受け取るため弁護士が行う仕事は多岐にわたります。その中でも非常に重要な仕事の一つに後遺障害の認定の申請を行うということが挙げられます。後遺障害とは交通事故による障害が回復の見込みがなく今後もずっと後遺症が残るということを認定してもらうための制度です。自賠責保険の場合この等級によって賠償金が変わってきます。民間の保険会社もこの等級によって妥当な慰謝料というものを算出していますので非常に重要なプロセスと言えるのです。